受賞者

宮崎大学医学部機能生化学分野   村尾 直哉

経歴

平成23年3月 熊本大学 薬学部 創薬・生命薬科学科 卒業
平成27年3月 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 修了
平成27年4月 九州大学大学院医学研究員 基盤幹細胞学分野 博士研究員
平成27年4月 日本学術振興会 特別研究員PD
平成28年4月 宮崎大学 医学部 機能生化学分野 助教
現在に至る

所属学会

臨床ストレス応答学会、日本分子生物学会、日本神経科学学会 など

コメント

この度は、第12回臨床ストレス応答学会において若手研究奨励賞という栄誉ある賞を頂き、誠に嬉しく光栄に存じます。選考にあたりご評価頂いた選考委員の先生方、大会長の東京女子医科大学、柴田亮行先生をはじめとしました関係諸先生方に厚く御礼申し上げます。

本研究では小胞体品質管理機構の脳の高次機能、特に学習記憶能力に対する役割に着目しております。本研究により、小胞体品質管理機構の破綻が神経変性疾患等で引き起こされる神経細胞死に先立ち、神経機能異常や学習記憶能力の低下に密接に関与するという新たな知見が得られる可能性があります。本受賞を励みとしまして、今後は小胞体品質管理機構の学習記憶能力における基礎的なメカニズムの解明だけではなく、本研究を臨床への応用にも繋がる研究に発展させていけるように一層努力して参ります。

最後に今回奨励賞を頂いた研究は、西頭英起教授をはじめ宮崎大学医学部機能生化学分野の皆様や共同研究者の方々のご指導、ご協力によるものです。この場をお借りしてあらためて感謝を申し上げると同時に、私自身今後一層精進する所存です。