研究領域

ホーム > 研究領域

臨床ストレス応答学会の関連分野(代表例)

基礎研究分野

(1)
ストレス蛋白質(HSP)、分子シャペロンの構造と機能
(2)
ヘムオキシゲナーゼ(HO-1)
(3)
虚血ストレス、過酸化ストレス、低酸素ストレス
(4)
生体のストレス病態と診断
(5)
原核細胞生物/真核細胞生物のストレス応答
(6)
免疫とストレス応答
(7)
癌とストレス応答
(8)
細胞のアポトーシスとストレス応答
(9)
細胞老化とストレス応答
(10)
ストレス蛋白質誘導剤、ストレス蛋白質阻害剤、細胞ストレス制御剤
(11)
細胞のストレス応答
(小胞体ストレス、ミトコンドリアストレス、ペルオキシゾームストレスなど)
(12)
蛋白質品質管理システム
(13)
蛋白質分解機構、オートファジー
(14)
蛋白質フォールディングと疾患
(15)
その他、寒冷ストレス応答、ストレス応答と生物進化など

臨床研究分野

(1)
神経変性疾患、筋変性疾患 (ポリグルタミン病、プリオン病、アルツハイマー病、パーキンソン病など)
(2)
糖尿病、代謝障害
(3)
アミロイドーシス、蓄積病
(4)
動脈硬化症、虚血性中枢神経疾患、虚血性心疾患、循環障害
(5)
悪性腫瘍、免疫療法、分子標的治療、温熱療法、放射線療法
(6)
感染症、敗血症、SIRS、炎症、多臓器不全、ショック、生体防御、創傷治癒
(7)
間質性肺炎、肺線維症、肝硬変症、糸球体腎炎
(8)
自己免疫疾患、アレルギー、血管炎、膠原病
(9)
臓器移植、再生医療、不妊症、遺伝子診断
(10)
うつ病、神経症、精神障害
(11)
その他、各種難治性疾患