大会のご案内

ホーム > 大会のご案内

大会のご案内

第16回 日本臨床ストレス応答学会大会
会期
2022年11月5日(土)〜6日(日)
会場
完全Web開催
大会長
足立 弘明(産業医科大学医学部神経内科)

開催の目的と意義

日本臨床ストレス応答学会は、生体の様々なストレス応答の分子機構の理解 と臨床への応用を目的として 1996年に立ち上げられた臨床ストレス蛋白質研究会が、国際組織(Cell Stress Society International)の日本での受け皿として、より広範なストレス応答を対象とし、より多くの基礎及び臨床研究者 や、医療及び社会への応用を目指す方々の学術交流の場を目指し、2006年に臨床ストレス応答学会(第1回大会)へと発展したものです。2019年より学会名に「日本」を冠し、新たな決意のもと基礎臨床が融合し、基礎解析と疾患発症メカニズム解明を目指す場として、さらなる活動を展開していきます。

 

開催日程の概要(2022/10/17 更新)

2022年11月5日(土)

11:30~ 入室開始

12:25~ 開会挨拶(大会長:足立 弘明)

12:30~ 一般口演1「ストレス応答の分子機構」

13:30~ 一般口演2「ストレス応答による神経病態の修飾」

14:40~ シンポジウム1「細胞恒常性を担うシグナルと遺伝子発現の制御」
本橋 ほづみ 先生(東北大学加齢医学研究所)
大川 恭行 先生(九州大学)
小林 聡 先生(同志社大学)
池田 史代 先生(大阪大学)

16:30~ 特別講演1「プロテアソームの基礎から医学研究へ」
田中 啓二 先生(東京都医学総合研究所)

17:30~ 若手研究奨励賞応募演題ポスタープレビュー

17:50~ 若手研究奨励賞応募演題ポスター討論

 
2022年11月6日(日)

8:30~ 入室開始

9:00~ 一般口演3「ストレス応答による細胞恒常性の維持」

10:00~ シンポジウム2「ストレス応答と疾患;Bridges to Clinics」
村田 茂穂 先生(東京大学)
近藤 豊 先生(名古屋大学)
村尾 直哉 先生(宮崎大学)
大橋 憲太郎 先生(岐阜大学)

12:00~ ランチョンセミナー「重症筋無力症 update:ガイドライン2022 改訂ポイント」
鈴木 重明 先生(慶応義塾大学)

13:05~ 評議員会・総会・若手研究奨励賞表彰式

13:30~ 特別講演2「分子シャペロンが生み出す“細胞身心一体科学”~αB-クリスタリンと微小管に注目して~
跡見 順子 先生(東京農工大学)

14:40~ 一般口演4「ストレス応答による身心の病態の修飾」

15:45~ 閉会挨拶(大会長:足立 弘明)

 

大会の運営

大会実行委員

委員長:足立 弘明(産業医科大学医学部神経内科)

組織委員:鳥越 俊彦(札幌医科大学医学部病理学第一講座)
養王田 正文(東京農工大学大学院工学府生命工学専攻)
伊藤 英晃(東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻)
柴田 亮行(医療法人尚寿会大生病院)
鵜殿 平一郎(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科免疫学分野)
徳永 文稔(大阪市立大学大学院医学研究科分子病態学)
樋口 京一(長野保健医療大学地域保健医療研究センター)
永井 義隆(近畿大学医学部脳神経内科)
今泉 和則(広島大学大学院医歯薬保健学研究科分子細胞情報学)
西頭 英起(宮崎大学医学部機能生化学)
長谷川 隆文(東北大学大学院医学系研究科神経内科学)
石垣 診祐(滋賀医科大学神経難病研究センター)
武内 敏秀(近畿大学ライフサイエンス研究所)
親泊 政一(徳島大学先端酵素学研究所生体機能学分野)
江口 傑徳(岡山大学学術研究院医歯薬学域歯科薬理学分野)

 

参加登録

大会参加費 一般 5,000円、学生 2,000円
(お支払い方法は参加登録についてをご覧ください)

大会前日〜当日に参加登録されたかたにつきましては、参加費お支払いが証明出来るものをPDF等でご提出いただきます。

参加登録について

演題登録と入会手続きについて

演題申込要領

大会事務局

第16回日本臨床ストレス応答学会大会事務局

〒807-8555
福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
産業医科大学医学部神経内科学講座内
Tel: 093-691-7438 Fax: 093-693-9842
e-mail: j-sinnai@mbox.med.uoeh-u.ac.jp