大会のご案内

ホーム > 大会のご案内

大会のご案内

第16回 日本臨床ストレス応答学会大会
会期
2022年11月5日(土)〜6日(日)
会場
完全Web開催
大会長
足立 弘明(産業医科大学医学部神経内科)

開催の目的と意義

日本臨床ストレス応答学会は、生体の様々なストレス応答の分子機構の理解 と臨床への応用を目的として 1996年に立ち上げられた臨床ストレス蛋白質研究会が、国際組織(Cell Stress Society International)の日本での受け皿として、より広範なストレス応答を対象とし、より多くの基礎及び臨床研究者 や、医療及び社会への応用を目指す方々の学術交流の場を目指し、2006年に臨床ストレス応答学会(第1回大会)へと発展したものです。2019年より学会名に「日本」を冠し、新たな決意のもと基礎臨床が融合し、基礎解析と疾患発症メカニズム解明を目指す場として、さらなる活動を展開していきます。

 

開催日程の概要(案)(2022/7/15 更新)

2022年11月5日(土)

特別講演1

田中 啓二 先生(東京都医学総合研究所 所長・理事長)
「プロテアソームの基礎から医学研究へ」

2022年11月6日(日)

特別講演2

跡見 順子 先生(東京農工大学大学院工学府材料健康科学講座 教授)
「分子シャペロンが生み出す細胞-身心一体科学〜αB-クリスタリンと微小管に注目して」

シンポジウム1「細胞恒常性を担うシグナルと遺伝子発現の制御」

本橋 ほづみ 先生(東北大学加齢医学研究所 遺伝子発現制御分野 教授)、他

シンポジウム2「ストレス応答と疾患;Bridges to Clinics」

村田 茂穂 先生(東京大学大学院薬学系研究科蛋白質代謝学教室 教授)、他

 

大会の運営

大会実行委員

会長:足立 弘明(産業医科大学医学部神経内科)
委員長:中井 彰(山口大学大学院医学系研究科医化学講座)
委員:
石垣 診祐(滋賀医科大学神経難病研究センター)
伊藤 英晃(東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻)
今泉 和則(広島大学大学院医歯薬保健学研究科分子細胞情報学)
鵜殿 平一郎(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科免疫学分野)
柴田 亮行(東京女子医科大学)
武内 敏秀(近畿大学ライフサイエンス研究所)
徳永 文稔(大阪市立大学大学院医学研究科分子病態学)
鳥越 俊彦(札幌医科大学医学部病理学第一講座)
永井 義隆(近畿大学医学部脳神経内科)
長谷川 隆文(東北大学大学院医学系研究科神経内科学)
樋口 京一(長野保健医療大学地域保健医療研究センター)
養王田 正文(東京農工大学大学院工学府生命工学専攻)

 

参加登録

大会参加費 一般 5,000円、学生 2,000円
(お支払い方法は参加登録についてをご覧ください)

参加登録について

演題登録と入会手続きについて

演題申込要領

大会事務局

第16回日本臨床ストレス応答学会大会事務局

〒807-8555
福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
産業医科大学医学部神経内科学講座内
Tel: 093-691-7438 Fax: 093-693-9842
e-mail: j-sinnai@mbox.med.uoeh-u.ac.jp