受賞者

京都大学化学研究所 武内敏秀

学歴・略歴

平成15年3月 京都大学薬学部 卒業
平成20年3月 京都大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了
平成20年3月 博士(薬学)(京都大学)
平成20年4月 スイス・ジュネーブ大学理学部 博士研究員
平成22年5月 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 流動研究員
平成23年4月 日本学術振興会 特別研究員PD
平成25年4月 京都大学化学研究所 助教
現在に至る

所属学会

臨床ストレス応答学会、日本薬学会、日本分子生物学会など

コメント

このたびは、第10回臨床ストレス応答学会「若手研究奨励賞」にご選出頂き、誠にありがとうございます。
今回発表させて頂いた研究は、永井義隆先生をはじめ、数多くの方々のご指導、ご協力により、実を結んだ成果であります。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

受賞内容は、分子シャペロンがエクソソームという小胞に包まれて細胞間を伝播し、別の細胞で神経変性を抑制するという内容であります。
本研究におきまして、このような機構が生体内に存在するということは分かりましたが、果たしてこれが個体にとってどの程度重要なものなのか、また、どのように精密に制御されているのかなど、まだまだ不明な点が多くあります。疾患との関わりも明らかにする必要があります。

本研究成果をひとつのゴールとしてではなく、今後の問題提起と捉え、「奨励賞」を励みに、これからひとつずつ明らかにしていきたいと考えています。