受賞者

山本悠太

学歴

平成16年3月31日
北海道大学薬学部総合薬学科卒業
平成16年4月1日
京都大学大学院薬学研究科生命薬化学専攻入学
平成18年3月31日
京都大学大学院薬学研究科生命薬化学専攻修了
平成18年4月1日
徳島大学大学院医科学教育部プロテオミクス医科学専攻
(ストレス制御医学分野)入学
平成22年3月31日
徳島大学大学院医科学教育部プロテオミクス医科学専攻
(ストレス制御医学分野)修了

職歴

2010年4月 和歌山県立医科大学医学部解剖学第一教室 助教として着任

所属学会

臨床ストレス応答学会
日本解剖学会
日本神経科学会
日本分子生物学会
日本生物学的精神医学会
THE INTERNATIONAL “STRESS AND BEHAVIOR” SOCIETY

専門領域

解剖学、創薬科学、行動生理学、システムバイオロジー

コメント

この度は私共の研究を第10回臨床ストレス応答学会・若手奨励賞に選出していただき誠にありがとうございました。
大変光栄に存じており、今後とも研究に邁進していきたいと思っております。

本研究は、ランソプラゾールが抗酸化ストレスタンパク質の転写因子であるNrf2の発現を誘導することにより抗酸化タンパク質の発現を増加させ急性肝炎モデルにおいて肝保護効果示しました。

さらに未だ治療薬の確立されてない非アルコール性脂肪肝炎(NASH)モデルにおいても病態進行を抑制する効果を示しております。

ランソプラゾールは特許の切れた医薬品ではある反面、安全性が十分に担保された薬であります。
抗酸化ストレスタンパク質誘導薬の創薬は盛んに行われていますが、安全性の面が未だクリアーできておりません。

このため今後は本研究を臨床試験に移し、有効性を確認することが重要な課題となると確信しており、成果をまた本学会で発表していければと思っております。