投稿者「bssr」のアーカイブ

受賞者

東京大学大学院薬学系研究科細胞情報学教室   森下 和浩

経歴

2018年3月 東京大学薬学部薬科学科 卒業
2018年4月 東京大学大学院薬学系研究科薬科学専攻修士課程 入学
現在に至る

所属学会

日本臨床ストレス応答学会、日本生化学会,日本分子生物学会など

コメント

この度は第14回日本臨床ストレス応答学会若手研究奨励賞に選出頂き,大変光栄に存じます.本研究を評価して頂いた選考委員の方々,大会長の徳永先生をはじめとした学会関係者の皆様に深く感謝申し上げます.

本研究はASK3というストレス応答性MAP3Kが,液-液相分離という物理化学的法則に則った現象により高浸透圧ストレスの認識を行うことに端を発するものであります.細胞レベルでの浸透圧ストレス応答の研究は一見基礎的な生物学に近い領域ではありますが,加齢や高食塩食摂取に伴い,ASK3欠損マウスがより重度な高血圧症状を示すことから,浸透圧ストレス応答における細胞体積制御機構の理解が,高血圧症における治療戦略につながる可能性があります.また近年,水の移動を伴う細胞体積制御が,細胞分裂や細胞死,炎症,細胞移動など,細胞体積変化を伴う様々な細胞現象において役割を担うことが提唱されていることから,細胞体積制御の理解ががんをはじめとする様々な疾患に対する新規治療標的の開発に発展する可能性も秘めています.本学会の「基礎研究者と臨床医学研究者が学術交流を深める」という理念通り,本発表中におきましても臨床医学を専門とされる方々との議論を通じ,自身の研究を新たな視点で見直す機会を頂きました.

最後になりますが,今回奨励賞を頂いた研究は,一條秀憲先生,渡邊謙吾先生をはじめとする細胞情報学教室の皆様のご指導,ご協力によるものです.この場をお借りして改めて感謝を申し上げるとともに私自身これからもより一層研究活動に邁進していく所存です.

受賞者

同志社大学大学院生命医科学研究科医生命システム専攻   平岡 都

経歴

2019年3月 同志社大学生命医科学部医生命システム学科 卒業
2019年4月 同志社大学大学院生命医科学研究科医生命システム専攻 入学
現在に至る

所属学会

日本臨床ストレス応答学会、日本分子生物学会

コメント

この度は、第14回日本臨床ストレス応答学会 若手研究奨励賞に選んでいただき、大変嬉しく光栄に存じます。このような賞をいただけたのは、日頃から厚くご指導頂いている先生や、研究室の先輩方のおかげであり、深く感謝しております。

学会への参加は初めてでしたが、専門分野の先生方とのディスカッションは心に残る時間でした。この賞を励みに、なお一層、気持ちを引き締めてこれからも研究活動に邁進していきたいと思います。本当にありがとうございました。

受賞者

大阪大学大学院薬学研究科先制心身医薬学寄附講座   羽根 雅人

経歴

2014年4月 横浜市立大学国際総合科学部国際総合科学科国際教養学系 入学
2018年3月 横浜市立大学国際総合科学部国際総合科学科理学系生命医科学コース 卒業
2018年4月 大阪大学大学院薬学研究科創成薬学専攻 入学、先制心身医薬学寄附講座 所属
現在に至る

所属学会

日本臨床ストレス応答学会、日本分子生物学会

コメント

第14回日本臨床ストレス応答学会大会にて若手研究奨励賞という栄誉ある賞を頂き たいへん嬉しく存じます。本発表を評価頂いた選考委員の先生方、学会関係者の皆様方に 深く感謝申し上げます。

本発表は、ストレス等で分泌される神経伝達物質であるアドレナリンにより、マクロファージから分泌されるサイトカイン種が変化することを示したものです。私としては生体のストレス応答と免疫応答とのクロストークの一端を明らかにする研究であると考えています。中枢で受容される精神的ストレスが、脳機能だけでなく末梢にまで影響を与えることに面白さを感じています。生まれ育った関東を離れ、大阪大の大学院に進学し、1年半進めてきた研究が評価いただけたことがとても嬉しく思います。

最後に、日頃より本研究を指導してくださっている当分野の関山先生、笠原先生、ならびに研究室の皆様、ご支援いただいた方々にこの場をお借りしてあらためて感謝申し上げます。この賞を励みに今後も一層の努力を重ね、科学を通じて人々の健康に貢献できるようになりたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

受賞者

大阪大学医学系研究科神経難病認知症探索治療学寄附講座   小澤 大作

経歴

2009年3月 大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻博士課程 修了
2009年4月 福井大学医学部医学科病因病態医学講座分子病理学領域 特命助教
2012年4月 福井大学テニュアトラック推進本部 助教
2016年8月 大阪大学大学院医学系研究科神経難病認知症探索治療学寄附講座 特任助教
現在に至る

所属学会

日本臨床ストレス応答学会、日本蛋白質科学会、日本神経学会 など

コメント

この度は、第14回日本臨床ストレス応答学会若手研究奨励賞に選出して頂きまして、誠にありがとうございます。大会長の徳永文稔先生ならびに審査員の先生方に厚く御礼申し上げます。

今回の発表では、プリオン仮説の未解決課題である蛋白質モノマー間での異常構造伝播を実証するということを目的とした研究を発表させて頂きました。神経変性疾患に共通する現象かもしれないこの仮説を明らかにすることは、神経変性疾患の治療・予防法の開発につながるものと期待しています。

若手研究奨励賞を頂けるようなこのような研究ができたのは、永井義隆教授をはじめ研究室の皆様や共同研究者の皆様のご指導、ご協力の賜物です。この場を借りて改めて感謝申し上げます。この賞を励みにこれからも研究活動に邁進していきたいと思います。本当にありがとうございました。

受賞者

山口大学大学院医学系研究科医化学講座   Arpit Katiyar

経歴

2011年6月 C.S.J.M universityBachelor in science chemistry, biology 卒業
2011年7月 IIT Mumbai 大学院修士課程
2013年7月 山口大学大学院 医学研究科 医化学分野 研究生
2014年4月 LMU munich 研究生
2016年4月 山口大学大学院 医学研究科 医化学講座 大学院生
現在に至る

所属学会

日本分子生物学会、日本臨床ストレス応答学会

コメント

I am very glad and thankful of BSSR for providing me an opportunity for presentation and scientific discussion among the elite researchers from various institutions. It’s my privilege to get an award from prestigious scientific society which has given me a lot of confidence and also aspire me to become a good scientific researcher in future. I am actively engaged in understanding the disease associated with mitochondrial dysfunction. This conference helped me to understand the disease pathogenesis on molecular and biochemical level. Hence I believe this experience would help me in developing new ideas and experimental approaches to make therapeutics against disease associated with mitochondrial dysfunction for e.g. Neurodegenerative diseases.

I strongly believe that getting such international opportunity and excellent research environment will definitely help me to build excellent academic career, positive community interaction and doing collaborative research with young scientific community in Japan in near future.

開催の目的と意義

日本臨床ストレス応答学会は、生体の様々なストレス応答の分子機構の理解 と臨床への応用を目的として 1996年に立ち上げられた臨床ストレス蛋白質研究会が、国際組織(Cell Stress Society International)の日本での受け皿として、より広範なストレス応答を対象とし、より多くの基礎及び臨床研究者 や、医療及び社会への応用を目指す方々の学術交流の場を目指し、2006年に臨床ストレス応答学会(第1回大会)へと発展したものです。2019年より学会名に「日本」を冠し、新たな決意のもと基礎臨床が融合し、基礎解析と疾患発症メカニズム解明を目指す場として、さらなる活動を展開していきます。

 

開催日程の概要(案)(2021/10/7更新)

2021年11月19日(金)

受付開始(12:00 – )

開会挨拶(13:00) 大会長:永井 義隆

一般口演1

シンポジウム1「マルチファセット・プロテインズ」
共催:学術変革領域研究 A「マルチファセット・プロテインズ」
田口 英樹(東京工業大学科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センター・教授)ほか

若手研究奨励賞応募演題ポスタープレビュー&討論 in SpatialChat

特別講演1「熱ショックタンパク質からプロテオスタシスまで:領域発展の現場にあって 35 年」
永田 和宏(JT生命誌研究館・館長/京都大学・ 名誉教授/京都産業大学・名誉教授)

2021年11月20日(土)

受付開始(8:00-)

一般口演2

シンポジウム2「エクソソームの基礎と疾患」
吉岡 祐亮(東京医科大学医学総合研究所・講師)ほか

ランチョンセミナー「神経変性疾患におけるα-Synuclein」
望月 秀樹(大阪大学大学院医学系研究科神経内科学)

評議員会・総会、若手研究奨励賞表彰式

一般口演3

特別講演2「オートファジー:疾患と老化に対抗する細胞の守護者」
吉森 保(大阪大学大学院医学系研究科遺伝学 教室/生命機能研究科細胞内膜動態研究室・特別教授)

閉会の挨拶(15:50) 大会長:永井 義隆

 

大会の運営

大会実行委員

委員長:永井 義隆(近畿大学医学部脳神経内科)
委員:
足立 弘明(産業医科大学医学部神経内科)
石垣 診佑(名古屋大学大学院医学系研究科神経内科学)
伊藤 英晃(秋田大学大学院理工学研究科生命科学専攻)
鵜殿 平一郎(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科病態制御科学専攻)
親泊 政一(徳島大学先端酵素学研究所生体機能学分野)
柴田 亮行(東京女子医科大学医学部病理学第一講座)
徳永 文稔(大阪市立大学大学院医学研究科分子病態学)
鳥越 俊彦(札幌医科大学医学部病理学第一講座)
中井 彰(山口大学大学院医学系研究科医化学講座)
西頭 英起(宮崎大学医学部機能生化学)
長谷川 隆文(東北大学大学院医学系研究科神経内科学)
樋口 京一(長野保健医療大学地域保健医療研究センター)
養王田 正文(東京農工大学大学院工学府生命機能科学部門)
武内 敏秀(近畿大学ライフサイエンス研究所)

 

開催の目的と意義

臨床ストレス応答学会は、生体の様々なストレス応答の分子機構の理解と臨 床への応用を目的として 1996 年に立ち上げられた臨床ストレス蛋白質研究会 が、国際組織(Cell Stress Society International)の日本での受け皿とし て、より広範なストレス応答を対象とし、より多くの基礎及び臨床研究者や、 医療及び社会への応用を目指す方々の学術交流の場を目指し、2006 年に学会 (第1回大会)へと発展したものです。2019 年、第 14 回大会となる本大会よ り学会名に「日本」を冠し、新たな決意のもと基礎-臨床が融合し、基礎解析 と疾患発症メカニズム解明を目指す場として、さらなる活動を展開していきま す。

 

開催日程の概要 (2019/10/16更新)

2019年11月2日(土)

受付開始(11:30 – )

幹事会(12:00 – 13:00)

開会挨拶(13:00 – 13:05) 大会長:徳永文稔

一般口演1「ユビキチン修飾系と炎症・ストレス応答」(13:05-13:53)
座長:及川 大輔(大阪市立大学)、高橋 宏隆(愛媛大学)

O-1 LUBACによるT細胞受容体シグナル制御に関する細胞・生化学及び数理モデル解析
及川 大輔(大阪市立大学大学院医学研究科分子病態学)

O-2 高浸透圧環境におけるストレス応答および免疫応答に対する新規NFAT5制御分子HES1の機能解析
立野 浩輝(東大・院薬・細胞情報)

O-3 ウイルスRNA受容体MDA5に結合し、IFN産生シグナルを抑制する脱ユビキチン化酵素の同定と機能解析
高橋 宏隆(愛媛大学プロテオサイエンスセンター)

O-4 培養ニューロン細胞質TDP-43凝集体形成を抑制する分子の解析
渡部 和彦(杏林大学保健学部臨床検査技術学科神経病理学)

シンポジウム1 「タンパク質分解とストレス応答」(14:10-15:50)
共催:新学術領域研究「ケモテクノロジーが拓くユビキチンニューフロンティア」
座長:鵜殿 平一郎 (岡山大学)、足立 弘明(産業医科大学)

S-1 高浸透圧ストレスによるプロテアソーム液滴形成と核内タンパク質分解
佐伯 泰 先生(公益財団法人東京都医学総合研究所蛋白質代謝研究室)

S-2 易凝集性タンパク質のユビキチン依存的細胞内局在制御機構
村田 茂穂 先生(東京大学大学院薬学系研究科)

S-3 ストレスに応答した損傷ミトコンドリアの選択的分解
山野 晃史 先生(東京都医学総合研究所 ユビキチンプロジェクト)

S-4 CFTR 品質管理機構と嚢胞性線維症創薬への応用
沖米田 司 先生(関西学院大学理工学部生命医化学科)

若手研究奨励賞応募演題ポスタープレビュー(16:05-16:25)1人1分
座長:塩田 正之(大阪市立大学)

Y-1 がん細胞におけるβ-catenin/TCF4複合体によるNRF3(NFE2L3)遺伝子の誘導
畑中 彩里(同志社大・院生命・医シス)

Y-2 転写因子NRF3(NFE2L3)はアミノ酸取り込みを介してmTORC1シグナルを活性化する
谷 美里(同志社大・院生命医)

Y-3 NRF3によるSREBP2発現を介したコレステロール代謝リプログラミングの可能性
萩原 透(同志社大・院生命医・医シス)

Y-4 NRF1とNRF3は翻訳制御を介してがん細胞の構成的なプロテアソーム活性を相補的に維持する
平岡 都(同志社大・院生命・医シス)

Y-5 HSF1 regulates the mitochondrial UPR response in mammals
Arpit Katiyar(Yamaguchi University Graduate School of Medicine)

Y-6 クルクミン摂取はAApoAIIアミロイドーシスの発症を促進する:促進メカニズムの検討
代 健(信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所)

Y-7 マクロファージのサイトカイン分泌におけるアドレナリンの役割の検討
羽根 雅人(大阪大学大学院 薬学研究科 先制心身医薬学寄附講座)

Y-8 社会的行動低下マウスにおける血中サイトカイン濃度の検討
森本 健揮(大阪大学大学院 薬学研究科 先制心身医薬学寄附講座)

Y-9 Conditional deletion of Hsp90α and β induced immunogenic cell death of the tumor
Weiyang Zhao(Dept. of Immunology, Okayama University Graduate School of Medicine)

Y-10 オリゴノールの抗酸化作用がアスリートの運動疲労に及ぼす影響
塩 拓磨(株式会社アミノアップ)

Y-11 ポリグルタミン蛋白質によるプリオン様異常構造伝播
小澤 大作(大阪大学大学院医学系研究科神経難病認知症探索治療学寄附講座)

Y-12 前立腺がん幹細胞の治療抵抗性に関わる因子の検討
若宮 崇人(和歌山県立医科大学附属病院泌尿器科)

Y-13 ASK1はNOD-RIPK2経路を抑制し脂肪細胞での炎症応答を制御する
高柳 早希(東大・院薬・細胞情報)

Y-14 ASK3不活性化における高浸透圧ストレスセンサー候補分子TRPM4の機能解析
森下 和浩(東京大学大学院薬学系研究科細胞情報学教室)

Y-15 Molecular chaperone αB-crystallin regulates focal adhesion stability under mechanical stress conditions
Saaya Hayasaki(Tokyo University of Agriculture and Technology)

Y-16 Molecular chaperone αB-crystallin as a guardian of slow muscle: Prevention of muscle atrophy and construction of myotube culture system using muscle master genes
Aya Atomi(Tokyo University of Agriculture and Technology)

若手研究奨励賞応募演題ポスター討論(16:25-17:05)

特別講演 (17:15-18:15)
座長:田中 啓二(東京都医学総合研究所)

一條 秀憲 先生(東京大学大学院薬学系研究科・細胞情報学教室)
「細胞がストレスを感じる仕組みと疾患」

懇親会、若手研究奨励賞受賞式 (18:30-20:00)

2019年11月3日(日)

受付開始(8:00-)

一般口演2「細胞のストレス応答」(9:00−9:48)
座長:岩脇 隆夫(金沢医科大学)、小亀 浩市(国立循環器病研究センター)

O-5 小胞体の予防的品質管理における新生タンパク質の翻訳制御
門脇 寿枝(宮崎大学医学部機能生化学)

O-6 小胞体ストレス応答分子により制御される過食行動の分子メカニズム
岩脇 隆夫(金沢医科大学総合医学研究所)

O-7 ポリADPリボースは液−液相分離を介して浸透圧ストレス応答キナーゼASK3を制御する
渡邊 謙吾(東大・院薬・細胞情報)

O-8 Hsp72によるがん細胞遊走制御
塩田 正之(大阪市大院・医・研究支援プラットフォーム)

シンポジウム2 「ストレス応答シグナルと疾患研究のフロンティア」(10:00-11:40)
共催:新学術領域研究「数理解析に基づく生体シグナル伝達システムの統合的理解」

座長:柴田 亮行(東京女子医科大学)、鳥越 俊彦(札幌医科大学)

S-5 新規ストレス・センサーによるストレス応答シグナルと炎症性サイトカイン産生の制御
武川 睦寛 先生(東京大学医科学研究所分子シグナル制御分野)

S-6 ストレスで生じる様々なタンパク質修飾反応と生体応答
内田 浩二 先生(東京大学大学院農学生命科学研究科)

S-7 TRAF6は乳腺上皮細胞の増殖促進とストレス回避によって妊娠期の乳腺発達を促進する
井上 純一郎 先生(東京大学医科学研究所分子発癌分野)

S-8 初期胚の神経領域規定における物理的な力の関与
道上 達男 先生(東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻)

ランチョンセミナー(11:55−12:45)
演者:澤崎 達也 先生(愛媛大学・プロテオサイエンスセンター)
座長:徳永 文稔(大阪市立大学)

「ヒトプロテインアレイを用いた抗体評価技術」

評議員会・総会(12:55-13:10)

一般口演3「ストレスとオルガネラ連関」(13:25−14:13)
座長:樋口 京一(信州大学)、養王田 正文(東京農工大学)

O-9 染色体関連因子SGO2は熱ストレス時の転写促進因子として働く
瀧井 良祐(山口大学・院医・医化学))

O-10 Hikeshiによる分子シャペロンHSP70核輸送とその機能
小瀬 真吾(理化学研究所・開拓研究本部・今本細胞核機能研究)

O-11 嗅覚受容体の膜輸送を司るRTP1SのN末端の役割
養王田 正文(東京農工大学大学院工学府生命工学専攻)

O-12 ワールブルグ効果を介する鉄代謝の新規制御機構
増井 憲太(東京女子医科大学 病理学・病態神経科学分野

一般口演4「癌とタンパク質品質管理」(14:25−15:25)
座長:伊藤 英晃(秋田大学)、小林 聡(同志社大学)

O-13 Long non coding RNAに由来するがん特異抗原の検討
菊池 泰弘(札幌医科大学 病理学第一講座)

O-14 NRF3-POMP経路を介したユビキチン非依存的なタンパク質分解の誘導によるがん増悪メカニズム
和久 剛(同志社大・生命医)

O-15 分子シャペロントリオによるエクソソーム制御,腫瘍悪性化およびマクロファージ分極について
江口 傑徳(岡山大学・院医歯薬・歯科薬理学)

O-16 ヒト膵癌細胞の抗癌剤耐性能におけるHSP47の関与
米田 明弘(北海道大学産学地域協働推進機構FMI推進本部難治性疾患治療部門)

O-17 過酸化水素分解酵素カタラーゼの細胞内局在制御による酸化ストレス応答の分子機構
奥本 寛治(九大・理学研究院)

閉会の挨拶(15:25-15:30) 大会長:徳永文稔

大会の運営

大会実行委員

委員長:徳永 文稔(大阪市立大学大学院医学研究科分子病態学)
委員:
足立 弘明(産業医科大学医学部神経内科)
伊藤 英晃(秋田大学大学院理工学研究科生命科学専攻)
今泉 和則(広島大学大学院医系科学研究科分子細胞情報学)
鵜殿 平一郎(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科病態制御科学専攻)
及川 大輔(大阪市立大学大学院医学研究科分子病態学)
小亀 浩市(国立循環器病研究センター分子病態部)
塩田 正之 (大阪市立大学大学院医学研究科研究支援プラットフォーム)
柴田 亮行(東京女子医科大学医学部病理学第一講座)
鳥越 俊彦(札幌医科大学医学部病理学第一講座)
中井 彰(山口大学大学院医学系研究科医化学講座)
永井 義隆(大阪大学大学院医学系研究科神経難病治療学)
西頭 英起(宮崎大学医学部機能生化学)
樋口 京一(信州大学大学院医学研究科加齢適応医科学系加齢生物学分野)
養王田 正文(東京農工大学大学院工学府生命機能科学部門)

 

受賞者

札幌医科大学医学部病理学第一講座   菊池 泰弘

経歴

2014年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
2016年 札幌医科大学大学院医学研究科博士課程 入学
現在に至る

所属学会

日本臨床ストレス応答学会、日本病理学会、日本癌学会、日本免疫学会、臨床免疫学会、日本がん免疫学会

コメント

この度、第13回日本臨床ストレス応答学会におきまして、若手研究奨励賞を授与頂き、大変嬉しく光栄に存じます。評価頂いた選考委員ならびに関係諸先生方、そして鳥越先生をはじめ、研究室の皆様のご指導によるものと心から感謝しております。

私は札幌医科大学病理学第一講座の大学院生として腫瘍免疫、特に癌抗原の研究を行っております。本学会ではLong non-coding RNAに由来する新規の抗原ペプチドの同定に成功したことを発表させていただきました。本研究により、タンパクをコードしていないと考えられていた領域からも抗原が産生されていること、さらには癌免疫治療の新たな標的となるということを明らかにしました。しかしながら、このような抗原ペプチドの産生メカニズムや抗原性についてなど、まだまだ不明な点や検討すべき点が数多くあります。

本研究成果をゴールとしてではなく、今後の課題と考え、若手奨励賞の受賞を励みに、これから一つずつ明らかにしていきたいと考えております。今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。

受賞者

大阪市立大学大学院医学研究科分子病態学   駒倉 啓大

経歴

2016年3月 大阪市立大学 医学部 卒業
2016年4月 兵庫県立尼崎総合医療センター 初期臨床開始
2018年3月 兵庫県立尼崎総合医療センター 初期臨床終了
2018年4月 大阪市立大学大学院医学部 皮膚病態学 入局
2018年4月 大阪市立大学大学院医学研究科 分子病態学 入学
現在に至る

所属学会

日本皮膚科学会、日本臨床ストレス応答学会、日本分子生物学会

コメント

このたびは第13回日本臨床ストレス応答学会 若手研究奨励賞に選んでいただきありがとうございます。経験も浅く拙い発表ではありましたが、選考いただきました審査員の先生方やお聞きいただきました皆様にもこの場を借りて御礼申し上げます。

ご指導いただきました先生方には感謝を申し上げますとともに、これからも研究に邁進していく所存であります。