投稿者「bssr」のアーカイブ

受賞者

札幌医科大学医学部病理学第一講座
札幌医科大学医学部消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座 和田朝香

経歴

2012年3月 札幌医科大学 医学部 卒業
2012年4月 市立函館病院 初期臨床研修医
2014年4月 聖路加国際病院 乳腺外科シニアレジデント
2017年4月 聖路加国際病院 乳腺外科クリニカルフェロー
2018年4月 札幌医科大学医学部 消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座 診療医、博士課程入学
2019年6月 札幌医科大学医学部 病理学第一講座 所属
現在に至る

所属学会

日本臨床ストレス応答学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本外科学会、日本乳癌学会、日本臨床外科学会、日本人類遺伝学会、日本乳腺甲状腺超音波医学会

コメント

 この度は第16回日本臨床ストレス応答学会大会の若手研究奨励賞に選出いただき、大変嬉しく光栄に思います。ご評価いただいた大会長の足立弘明先生ならびに選考委員の先生方に厚く御礼申し上げます。

 本研究では、hERO1-Lαが乳癌の転移や増殖に及ぼす影響を明らかにし、乳癌の中でも悪性度の高いトリプルネガティブ乳癌の新たな治療標的分子となる可能性が示唆されました。乳腺外科医として予後不良な乳癌に対する有効な治療法を期待しながら日々診療しております。本研究で得た基礎的な結果が少しでも臨床応用につながればという希望を持っています。

 最後に、本研究の成果はご指導いただいた鳥越俊彦教授、廣橋良彦准教授をはじめ札幌医科大学医学部病理学第一講座の皆様、札幌医科大学医学部 消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座の皆様のご指導とご協力の賜物です。この場をお借りして改めて感謝を申し上げます。今後も乳癌と向き合い、この賞を励みにこれからもより一層研究活動に邁進していく所存です。

受賞者

京都府立医科大学大学院医学研究科脳神経内科学
近畿大学医学部脳神経内科 藤野雄三

経歴

2014年3月 京都府立医科大学 医学部医学科 卒業
2014年4月 神戸市立医療センター中央市民病院 初期研修医
2016年4月 京都府立医科大学附属病院 脳神経内科 専攻医
2018年4月 松下記念病院 脳神経内科 医員
2019年10月 京都岡本記念病院 脳神経内科 医員

2020年4月~ 京都府立医科大学大学院医学研究科脳神経内科学 博士課程
2021年4月~ 近畿大学医学部脳神経内科 特別研究学生

所属学会

日本臨床ストレス応答学会、日本神経科学学会、日本神経学会など

コメント

 この度は第16回日本臨床ストレス応答学会 若手研究奨励賞を頂きまして、大変光栄に存じます。ご高配下さいました選考委員の先生方、大会長の足立弘明先生に心より御礼申し上げます。また、平素より厚くご指導頂いております永井義隆先生をはじめ、数多くの方々のお力添えに深く感謝致します。

 今回の研究では、様々なリピート病の病態に密接に関与する非古典的な翻訳、RAN翻訳の制御機構に着目致しました。代表的なリピート病であるC9orf72関連ALS/FTDを対象に、ALS/FTD関連タンパク質であるFUSが、GGGGCCリピートRNAに結合し、その高次構造を変化させることでRAN翻訳を抑制することを明らかにしました。更にそのようなRAN翻訳の抑制は、樹立した疾患ショウジョウバエモデルにおいて変性表現型を改善させました。本研究で得られた知見によって、リピートRNAの保持する高次構造がリピート病における新たな治療ターゲットとなる可能性に期待しております。

 一方でRAN翻訳には未解明の謎が多く残されており、今回の受賞を励みに今後も熱意を以って研究に邁進したいと思います。

受賞者

旭川医科大学薬理学講座 谷内秀輔

経歴

2011年9月 岡山大学大学院自然科学研究科博士後期課程バイオサイエンス専攻 修了
2011年10月 広島大学大学院総合科学研究科 博士研究員
2014年5月 徳島大学疾患プロテオゲノム研究センター 特任研究員
2016年4月 徳島大学先端酵素学研究所 特任研究員
2021年5月 旭川医科大学薬理学講座 助教
現在に至る

所属学会

日本臨床ストレス応答学会、日本生化学会、日本薬理学会など

コメント

 このたびは第16回日本臨床ストレス応答学会若手研究奨励賞に選出いただき、大変光栄に存じます。本研究を評価していただいた選考委員ならびに関係諸先生方、そしてご指導いただいた徳島大学先端酵素学研究所の親泊政一教授、共同研究者の皆様に御礼申し上げます。

 本研究は、小胞体ストレスセンサーとして機能するセリン/スレオニンキナーゼであるPERKの新規リン酸化基質として炎症性メディエーターのHMGB1を同定すると共に、培養細胞やマウスにおける敗血症病態モデルでPERKがHMGB1をリン酸化する意義について明らかにしたものです。今回の受賞を励みにできるだけ早く本研究の成果をまとめて発表したいと存じます。

 昨年度、徳島大学から旭川医科大学に所属が変わりましたが、現在は本研究を含めた小胞体ストレス応答に関する研究に加え、新たに低酸素ストレスに関する研究も進めております。今後もストレス応答の基礎研究から臨床につながるような知見を報告できるようになお一層の努力を重ねる所存ですので、ご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

受賞者

広島大学大学院医系科学研究科分子細胞情報学 上川泰直

経歴

2005年 関西大学工学部生物工学科 卒業
2011年 大阪大学大学院生命機能研究科 修了 博士(理学)
2011年 Weill Cornell Medical College, Post-doctoral fellow
2015年 基礎生物学研究所 研究員
2020年 広島大学大学院医系科学研究科 寄付講座助教
2021年 同上 助教

コメント

 広島大学医系科学研究科分子細胞情報学の上川と申します。

 この度は若手研究奨励賞を頂きありがとうございました。

 初めて臨床ストレス応答学会に参加させていただきました。素晴らしい発表を多数拝聴させていただき、大変勉強になりました。中にはレベルが高すぎて打ちひしがれるような発表もありましたが、この賞を励みにストレス応答の研究分野で貢献できるよう精進したいと思います。

受賞者

大阪公立大学大学院医学研究科医化学 翁良徳

経歴

2018年4月~ 大阪市立大学 大学院医学研究科 肝胆膵病態内科学 博士課程
2022年4月~ 大阪公立大学 大学院医学研究科 医化学 助教
現在に至る

コメント

 このたび、第16回日本臨床ストレス応答学会若手研究奨励賞を授与いただき、大変嬉しく光栄に存じます。本発表を評価いただいた選考委員の先生方ならびに学会関係者の皆様に深くお礼申し上げます。

 私たちが以前発見したサイトグロビン(CYGB)は哺乳類第4番目のグロビンタンパク質であり、肝臓では肝星細胞でのみ発現します。私たちは今までにサイトグロビンが肝障害を改善する可能性があることを報告しました。しかしながら、活性化肝星細胞におけるCYGBの生理作用および発現制御機構は未だ不明なままでした。そこで本研究では、CYGBが肝線維化を伴う非アルコール性脂肪性肝炎に対する新規治療標的となることを明らかにしました。今後、本研究成果を足掛かりに新しい抗線維化治療薬の開発を行っていきます。

 最後になりますが、今回若手研究奨励賞をいただいた研究は、河田則文先生をはじめとする多くの先生方に指導していただいた賜物です。この場をお借りして感謝申し上げます。

開催の目的と意義

日本臨床ストレス応答学会は、生体の様々なストレス応答の分子機構の理解 と臨床への応用を目的として 1996年に立ち上げられた臨床ストレス蛋白質研究会が、国際組織(Cell Stress Society International)の日本での受け皿として、より広範なストレス応答を対象とし、より多くの基礎及び臨床研究者 や、医療及び社会への応用を目指す方々の学術交流の場を目指し、2006年に臨床ストレス応答学会(第1回大会)へと発展したものです。2019年より学会名に「日本」を冠し、新たな決意のもと基礎臨床が融合し、基礎解析と疾患発症メカニズム解明を目指す場として、さらなる活動を展開していきます。

 

開催日程の概要(2022/10/17 更新)

2022年11月5日(土)

11:30~ 入室開始

12:25~ 開会挨拶(大会長:足立 弘明)

12:30~ 一般口演1「ストレス応答の分子機構」

13:30~ 一般口演2「ストレス応答による神経病態の修飾」

14:40~ シンポジウム1「細胞恒常性を担うシグナルと遺伝子発現の制御」
本橋 ほづみ 先生(東北大学加齢医学研究所)
大川 恭行 先生(九州大学)
小林 聡 先生(同志社大学)
池田 史代 先生(大阪大学)

16:30~ 特別講演1「プロテアソームの基礎から医学研究へ」
田中 啓二 先生(東京都医学総合研究所)

17:30~ 若手研究奨励賞応募演題ポスタープレビュー

17:50~ 若手研究奨励賞応募演題ポスター討論

 
2022年11月6日(日)

8:30~ 入室開始

9:00~ 一般口演3「ストレス応答による細胞恒常性の維持」

10:00~ シンポジウム2「ストレス応答と疾患;Bridges to Clinics」
村田 茂穂 先生(東京大学)
近藤 豊 先生(名古屋大学)
村尾 直哉 先生(宮崎大学)
大橋 憲太郎 先生(岐阜大学)

12:00~ ランチョンセミナー「重症筋無力症 update:ガイドライン2022 改訂ポイント」
鈴木 重明 先生(慶応義塾大学)

13:05~ 評議員会・総会・若手研究奨励賞表彰式

13:30~ 特別講演2「分子シャペロンが生み出す“細胞身心一体科学”~αB-クリスタリンと微小管に注目して~
跡見 順子 先生(東京農工大学)

14:40~ 一般口演4「ストレス応答による身心の病態の修飾」

15:45~ 閉会挨拶(大会長:足立 弘明)

 

大会の運営

大会実行委員

委員長:足立 弘明(産業医科大学医学部神経内科)

組織委員:鳥越 俊彦(札幌医科大学医学部病理学第一講座)
養王田 正文(東京農工大学大学院工学府生命工学専攻)
伊藤 英晃(東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻)
柴田 亮行(医療法人尚寿会大生病院)
鵜殿 平一郎(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科免疫学分野)
徳永 文稔(大阪市立大学大学院医学研究科分子病態学)
樋口 京一(長野保健医療大学地域保健医療研究センター)
永井 義隆(近畿大学医学部脳神経内科)
今泉 和則(広島大学大学院医歯薬保健学研究科分子細胞情報学)
西頭 英起(宮崎大学医学部機能生化学)
長谷川 隆文(東北大学大学院医学系研究科神経内科学)
石垣 診祐(滋賀医科大学神経難病研究センター)
武内 敏秀(近畿大学ライフサイエンス研究所)
親泊 政一(徳島大学先端酵素学研究所生体機能学分野)
江口 傑徳(岡山大学学術研究院医歯薬学域歯科薬理学分野)

 

受賞者

同志社大学 生命医科学部 医生命システム専攻   中田 創太

経歴

2018年4月 同志社大学生命医科学部医生命システム学科 入学
2022年4月 同志社大学生命医科学部医生命システム学科 卒業見込み
現在に至る

所属学会

日本臨床ストレス応答学会、日本分子生物学会

コメント

 この度は、第15回日本臨床ストレス応答学会 若手研究奨励賞に選んでいただき、大変嬉しく光栄に思います。本研究を評価して頂いた選考委員の方々、大会長の永井先生をはじめとした学会関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

 本研究では、これまで不明であったプロテアソーム活性低下により蓄積したユビキチン化タンパク質が基質特異的なオートファジーである選択的オートファジーにより分解されるメカニズムを解明しました。具体的には、プロテアソーム遺伝子群を発現制御する転写因子NRF1(NFE2L1)がオートファジー関連遺伝子GABARAPL1を転写誘導すること、さらにp62の相分離も亢進することで選択的オートファジーを誘導し、プロテオスタシスを維持しています。この発見がプロテアソームとオートファジーのクロストークへのさらなる理解につながると確信しております。今後も、本学会が目指す基礎と臨床の双方の視点から生命現象を解き明かしていく姿勢を大切に、研究に励んで参りたいと思います。

 最後に、このような栄誉ある賞を受賞できましたのは、私ひとりの力はなく、これまでに私を指導し育ててくださった小林先生・和久先生をはじめ、先輩の皆様と、日々支えてくださった同期・家族の皆様のお陰と感謝しております。

受賞者

札幌医科大学医学部病理学第一講座、札幌医科大学医学部口腔外科学講座   笹谷 聖

経歴

2014年3月 北海道医療大学歯学部歯学科 卒業
2014年4月 札幌医科大学医学部口腔外科学講座 入局
2017年4月 札幌医科大学大学院医学研究科博士課程 入学
2019年4月 札幌医科大学医学部病理学第一講座 入局

所属学会

日本臨床ストレス応答学会、日本癌学会、日本がん免疫学会、日本病理学会、日本口腔外科学会、日本口腔腫瘍学会

コメント

この度、第15回日本臨床ストレス応答学会大会におきまして、若手研究奨励賞という栄誉ある賞をいただき、大変嬉しく光栄に存じます。選考にあたりご評価いただいた選考委員の先生方、大会長の永井義隆先生をはじめとした関係諸先生方に厚く御礼申し上げます。
私は今回、シスプラチンによるストレスが口腔扁平上皮癌細胞におけるPD-L1発現に与える影響について検討し、発表させていただきました。本研究結果が基礎と臨床の架け橋として、今後の口腔癌治療に少しでも貢献できれば幸いです。

最後に、本受賞は鳥越俊彦教授、廣橋良彦准教授、久保輝文助教をはじめ札幌医科大学医学部病理学第一講座の皆様のご指導の賜物です。この場をお借りして改めて感謝を申し上げます。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。