開催の目的と意義

臨床ストレス応答学会は、生体の様々なストレス応答の分子機構の理解と臨床への応用を目的として1996年に立ち上げられた臨床ストレス蛋白質研究会が、より広範なストレス応答を対象とし、より多くの基礎および臨床研究者や、医療および社会への応用を目指す方々の学術交流の場を目指して2006年に学会へと発展したものです。

個体や細胞へ負荷される様々な環境や代謝の変化によるストレス刺激に対する適応機構はストレス応答と呼ばれ、生体機能の恒常性の維持に不可欠であり、その異常が多くの難治性疾患の原因となっています。高度競争社会の構築に伴い日々高まる緊張下にある現代社会においては、多くの疾患がストレス応答の異常に基づくことが明らかになってきました。さらに、本格的高齢化社会をも迎えている今日、老化と密接に関連するストレス応答のしくみを解明し、それを制御することは今後益々重要であると考えられます。

本大会では、タンパク質分解やシグナルを担うユビキチン修飾の研究で著名な岩井一宏京都大学大学院教授、およびアミノ酸代謝変化による転写環境の構築で独創的な研究を進めておられる深水昭吉筑波大学大学院教授による特別講演を企画しております。また、2つのシンポジウムでは「核を介するストレス適応機構」、「ストレス応答と疾患;Bridges to Clinics」をテーマとして海外招聘者を含む新進気鋭の研究者にご講演をいただく予定です。さらに、若手研究者育成を目的として若手研究奨励賞を5人に授与いたします。全国のストレス応答の分子生物学、細胞生物学、臨床医学の研究者、および医師、医療・保健関係者が一堂に会し、最近の進歩と展望について議論する有意義な場になることを祈念しております。

 

開催日程の概要

2016年11月11日(金)

受付開始(11:30 – )

幹事会(12:00 – 13:00)

開会挨拶(13:00 – 13:04)

セッション1(13:04 – 13:54)
セッション2(14:10 – 15:00)

ポスター発表(若手研究奨励賞候補者) (15:00 – 16:00)

シンポジウム1 (16:10 – 18:10)
「核を介するストレス適応機構」

招待講師5名(国内4名、海外1名)

特別講演1 (18:20 – 19:10)
「PRMT1(アルギニンメチル化酵素)とストレス応答機構」

深水昭吉 筑波大学大学院教授
(新学術領域研究「転写代謝システム」代表)

懇親会、若手研究奨励賞発表 (19:20 – 21:00)

 
2016年11月12日(土)

セッション3(8:30 – 9:20)
セッション4(9:30 – 10:10)

シンポジウム2 (10:20 – 11:32)
「ストレス応答と疾患;Bridges to Clinics」

招待講師3名(国内3名)

評議委員会、総会 (11:40 – 12:00)

ランチョンセミナー(12:10 – 13:10)

セッション5(13:20 – 14:10)
セッション6(14:20 – 15:00)

特別講演2 (15:10 – 16:00)
「直鎖状ユビキチン鎖:NF-κB活性化、細胞死制御、ガン」
岩井一宏 京都大学大学院教授
(新学術領域研究「ユビキチン制御」代表 )

閉会の挨拶 (16:00)

 

大会の運営

(1)大会実行委員

委員長: 中井 彰(山口大学大学院医学系研究科医化学分野)
委員:
鵜殿平一郎(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科免疫学分野)
鳥越俊彦(札幌医科大学医学部病理学第一講座)
養王田正文(東京農工大学大学院工学府生命工学専攻)
樋口京一(信州大学大学院医学系研究科加齢生物学)
伊藤英晃(秋田大学大学院工学資源学研究科生命科学科)
永井義隆(大阪大学大学院医学系研究科神経難病認知症探索治療学)
徳永文稔(大阪市立大学大学院医学研究科分子病態学)
柴田亮行(東京女子医科大学医学部病理学第一講座)
足立弘明(産業医科大学医学部神経内科)
今泉和則(広島大学大学院医歯薬保健学研究科分子細胞情報学)
西頭英起(宮崎大学医学部機能生化学)
久留一郎(鳥取大学大学院医学系研究科再生医療学部門)
松山豪泰(山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学分野)